【イラレ】散布ブラシ・アートブラシの使い方

スポンサーリンク

こんにちは

イラストレーターを使用した簡単なスイカの描き方を紹介したいと思います。

使用しているのはillustratorCCです。

内容はパスファインダー・ブラシに関してのことですので、初心者向けです。

パスファインダーを使って果実と皮を描く

切られたスイカの形をパスで引く

描き方はなんでも良いです。

直接パスを引いたり、円を描いてからパスファインダで半分にしても。

作業しやすいように、塗りはなしにしています。

パスファインダーで皮を作る

レイヤーをドラッグ・altを押して、最初に作った形のコピーを4つ作ります。(①〜⑤)

上二つのレイヤーにあるオブジェクト(①と②)を、画像のように、ずらしたり縮小したりして、皮の境界線になるように調整します。

①と③、②と④をそれぞれ選択して、パスファインダーの「前面オブジェクトで型抜き」で皮を作ります。

上手くいけば下のようになります。

(下の数字はレイヤーの順番です。外皮が一番上のレイヤーになるようにしましたが、パスファインダーの「交差」を使って逆の順番でもいいです。)

方法はたくさんあるので、パスファインダーを色々試してみてください^^

ブラシを使用して種を描く

散布ブラシ

まず種を描きます。

このオブジェクトを、ブラシパネルへドラッグして、散布ブラシを選択します。

数値はざっくりしたものを入れて、後から調整をします。

間隔は適用するパスに沿った密集度、散布はパスの垂直方向にどれだけ散らばるかということです。

こんな感じですが、実際に試してみたほうがわかりやすいと思います^^;

スイカの横幅くらいのパスを水平に引いて、ブラシを適用してから、ブラシの編集をします。(この時のパスは塗りを無しにします。)

ブラシの編集は、ブラシパネルにあるブラシをダブルクリックするとできます。

プレビューにチェックをいれて、いい具合になるまで数値を変えてみてください。(アピアランス分割していますが、下の画像のような感じです。)

ブラシを変更した後は、変更を現在のパスに「適用」をします。

アピアランスの分割

先ほどのブラシを選択して、アピアランスの分割をします。(オブジェクトメニューから)

ブラシにアピアランスの分割を行うと、四角い透明なオブジェクトもできるので、パスファインダーの合流で消します。

種がいい感じに散らばったので、次はこれをスイカの形に沿って曲げます。

アートブラシ

散布ブラシの時と同様に、散らばった種をブラシパネルへドラッグし、今度はアートブラシを選択します。

アートブラシは、細かい設定をせずに、そのままOKすればいいことが多いですが、プレビューの赤い矢印が種に沿っていることを確認してください。

種を置きたい場所にパスを引いて、ブラシを適用させます。


以上になります。

描き方は色々あるかと思いますが、あくまで一例を紹介しました。

今回作成したスイカを含めたフルーツイラストは、イラストACにて無料ダウンロードできます^^

(画像クリックすると、ダウンロードページに飛びます。)

スウォッチデータがある、シームレスパターンセットもあります。

お読みいただき、ありがとうございました^^

【イラレ】簡単なレモンの作り方
イラレの変形・パスファインダー・パスのオフセットを使ったレモンの作り方を紹介しています。
illustratorCCで手書きパターン
シンプルな手書き風パターンの作り方をまとめました。イラレのライブトレース、パターン作成について書いています。