【イラレ】アピアランスを使った簡単な花の作り方

スポンサーリンク

こんにちは

イラレのアピアランス機能を使って、簡単に花の形を変える方法を紹介します。

この方法を使うと、色々な形の花をすぐに作ることができます。

使用しているバーションはillustratorCCで、初心者の方向けです。

変形ツールで花びらをつくる

イラレ 花 アピアランス 作り方

まず花びらの半分をパスで描きます。

このパスの始点と終点は同じ垂直軸上に来るようにします。

変形ツールでリフレクトコピー

線なし、塗りに適当な色を選択して、変形効果(効果ーパスの変形ー変形)の画面を開きます。

イラレ 花 アピアランス 作り方

イラレを使い始めた頃、左下の小さい四角はなんだろうと思っていましたが^^;これは変形の基準点を決めるものです。

左に反転コピーしたものを作りたいので、左の小さい四角を選び、「垂直軸にリフレクト」「コピー1」を入力します。

これで、最初に描いたオブジェクトの反転コピーが一つできます。

花びらを増やす

花びらが選択された状態で、もう一度変形効果の画面に行きます。

イラレ 花 アピアランス 作り方

今度は回転コピーをして花びらを6枚にしたいので、基準点は下の真ん中の四角、「角度60度」「コピー5」に設定します。

これで花が出来上がりました^^

便利なアピアランス機能

イラレの機能の中で、個人的にすごく便利だなと思ったのは、このアピアランス機能です。

後から編集可能なので、調整を加えるかもしれない、コピーを作るパスを一発で上手く引く自信がないときにもよく使います。(簡単オブジェクトのコピーはリフレクトツールなどを使います。)

花びらの形を変える場合

始めに引いたパスのアンカーポイントやハンドルなどを動かすと、全ての花びらも自動的に形が変わります。

これで花びらをさらに丸くしたり、反対に先を尖らせたりもできます。

花びらの枚数を変える場合

イラレ 花 アピアランス 作り方

変形効果で追加した情報はアピアランスパネルに残ります。

「変形」をクリックすると、ウインドウが出て来るので、ここから再編集できます。

花びらを6枚から8枚に変えるときは、回転の角度とコピー数を変えるだけです。簡単ですね^^

イラレ 花 アピアランス 作り方

春の素材の王道、梅と桜もこの方法で作ることができます。

特に桜はバランスを取るのが難しいので、変形効果を使って後から修正できると楽です。

アピアランス分割

イラレ 花 アピアランス 作り方

シルエットだけを作ってjpgなどに変換する場合はいいのですが、ここからさらに加工するときは、アピアランスの分割(オブジェクトメニュー)をしておきます。

これで、アピアランスパネルから「変形」の欄が消え、普通のパスの状態に変わります。

色んな花の形を作って、色を変えたり配置したりするのは楽しいです^^


以上になります。

ご覧いただきありがとうございました。

この方法で作成した花を使ったシームレスパターンがイラストACにありますので、よろしければご覧ください。(AIはスウォチにパターンデータがあります。)

セットにあるパターンはjpg用に単体でもイラストACにあげています。

illustratorCCで手書きパターン
シンプルな手書き風パターンの作り方をまとめました。イラレのライブトレース、パターン作成について書いています。
【イラレ】ドットで青海波文様
ドットの青海波文様を作ったので、その作成方法を紹介します。illustratorCCを使用したシームレスパターンです。